精神疾患でもお金を受給できる保険制度がある

サイトメニュー

遡及請求と申請方法を知る

医者

遡及と申請

現代社会は、様々な精神的な闇の部分があります。それゆえ仕事をする場面でも、ある程度成熟した大人がうつ病にかかってしまうようなことも決して少なくありません。もしうつ病になってしまった場合でもそのまま仕事をすることができればよいですが、仕事はできないぐらい精神的につぶれてしまった場合には無理して会社に行っても仕事になりませんので会社を休んで家に行った方がよいでしょう。この場合、もしパートやアルバイトならば、障害年金をもらうことができます。障害年金をもらう場合には、一定の書類を用意しなければできません。この書類の一つが、病気であることを証明する診断書などです。ただ、うつ病と診断され診断書を貰ったからといってその段階からうつ病が始まったわけではありません。たいていの場合は、病院に行き診断書を貰うまでに数カ月から数年の時間がかかることが少なくありません。この場合、遡及請求と呼ばれるものをする必要があるでしょう。遡及請求とは、診断書を書いてもらう前にうつ病が発覚していた場合、その時にまでさかのぼって年金の請求できることです。遡及請求をする方は、障害認定日以降3カ月以内の診断書と、請求日以前の3カ月以内の診断書がそれぞれ必要です。
遡及請求をするにあたって、医者以外に社労士に依頼する必要もあります。社労士に依頼する方法は、まずホームページなどからうつ病の遡及請求に関して実績があるところを選ばなければできません。社労士だからといって、すべて遡及請求に詳しいわけではないからです。そして、どのような種類のうつ病になっているかを見ておく必要があります。この時には、認定される障害基礎年金が2種類あることを理解しておく必要があります。2級に認定される場合と1級に認定される場合がありこの二つはもらえる金額が若干異なります。2級に認定されると77万円程度のお金しかもらうことができませんが、1級に認定されると97万円程度のお金を1年間にもらうことが可能になります。そうすると、社労士に書いてもらう書類の内容で随分と結果が異なることがわかります。そうだとすれば、いかに腕前の良い社労士を見つけるかが重要になってくるでしょう。姿勢を依頼する場合には、明確に自分の状態を告げることが重要になります。質問されたときによくわからないと答えるのではなく、可能なかぎり自分の中で過去のことを考え、いつの段階からうつ病が始まりどのような原因が考えられたのかを考えておかなければいけません。少なくとも年金の申請を依頼するときにはそれだけの準備をしておくことが重要です。